利益を上げるならビットコインFX

イーサリアム(Ethereum)、スマートコントラクトとは?

イーサリムとは

イーサリアムとは

ethereum

イーサリアムとは数多くの取引所が取り扱う仮想通貨で、時価総額は数千以上ある仮想通貨の中でもビットコインに続く2位となっています。

イーサリアムは2013年にヴィタリック・ブテリン氏により開発されており、2014年に販売が開始され、日本では2015年頃に取り扱いされ始めました。

イーサリアムの開発者団体は存在するもののあくまでビットコインと同様に中央管理をする団体は存在していません。開発者チームは存在するものの分散されたノードによって構成されるP2Pネットワークシステムについてはビットコインと変わりません。

P2Pネットワークシステムについて詳しく解説

イーサリアムの概要

仮想通貨名イーサリアム(Ethereum)
ティッカーシンボルETH
発行年月2015年7月30日
使用用途送金 / 決済 / スマートコントラクト
発行主体Ethereum Foundation(スイス)
上限発行量未定
発行数の変更不可
発行方法初期発行分、分散型台帳データ管理に必要となる計算および価値記録を行う記録者への対価として発行

イーサリアムの特徴

イーサリアム

イーサリアムの特徴でもあるスマートコントラクト(契約の自動化)は人や中央機関が介することなく契約の締結までを自動化してくれることが特徴であり、決済システムを主とするビットコインに対してイーサリアムは独自のスマートコントラクト機能を利用しアプリケーション作成のプラットホームとして現在ではICOの基軸通貨として広く活用されています。

もちろんビットコインのブロックチェーンを利用してアプリケーションを作成することも可能ですが、ビットコインよりも柔軟な設計をされているイーサリアムの方が幅広く自由なアプリケーションの作成が可能となっています。

仮想通貨とは何なのか?具体的に解説

スマートコントラクトとは

スマートコントラクトとは

イーサリアムで作成できるスマートコントラクトはブロックチェーン上に作成することができ、ビットコインとは異なる「取引と一緒に契約も残せる」ものとなります。

契約自体をブロックチェーン上に記録として残せるということで、契約記録を改ざんしたり削除したりすることができなくなります。

例えば、銀行や役所、裁判所等の契約では時間や費用がかかり信頼性も人の手が入っている為確実性にかけるものですが、イーサリアムでスマートコントラクトを作成することで時間や費用が解消され確実性のある契約や履歴が実現できるということになります。

仮想通貨やブロックチェーンの仕組みについて

イーサリアムの今後

イーサリアムの今後

多くの企業や団体がイーサリアムを利用したアプリケーションを発表しており、数多くのイーサリアムを利用したプロジェクトが進められている現状をみるとまだまだこれからイーサリアムの価値や利用数は増えていくと考えられます。

また、イーサリアムは仮想通貨時価総額2位をキープしており、その期待と可能性による人気のある仮想通貨であると言えます。

まだ仮想通貨の利用(決済、送金)やブロックチェーンの利用自体が世の中に普及していない現状なのですぐにイーサリアムの技術を利用したアプリケーションやプロジェクトが世に広まるとは考えにくいですが、仮想通貨全体が世の中に普及してきた頃には、まず先にイーサリアムの利用というのは注目されるのではないかと思います。

仮想通貨(ビットコイン、アルトコイン)の今後についての解説