利益を上げるならビットコインFX

イーサリアム高騰!SEC高官が証券問題について言及

イーサリアム 証券問題

15日にイーサリアムが約10パーセントの高騰をみせた。

原因は米証券取引委員会(SEC)の高官がイーサリアム(ETH)を有価証券としてみなさないと発言したことが原因とされている。

現在仮想通貨は有価証券には分類されていないが、仮想通貨の性質によっては有価証券とすべきものがあるとの議論がなされおり時価総額の大きなものではイーサリアム(ETH)とリップル(XRP)がその対象となっていた。

有価証券とみなされた場合、SECで認可をうけた取引所でしか取引をすることができなくなる。しかし現在SECから認可をうけている取引所は存在しておらず事実上アメリカの仮想通貨取引所では取引ができなくなってしまうということになる。
となるとイーサリアム(ETH)やリップル(XRP)の価格は下落していく恐れがあると懸念されてきた。

その中でのSEC高官の”イーサリアム(ETH)は有価証券としてみなさない”という発言の影響は大きいと言える。

未だリップル(XRP)の有価証券問題は解決されておらず訴訟問題にまで発展している為リップル(XRP)保有者は今後の動向に注目している。