利益を上げるならビットコインFX

韓国、銀行でリップルを利用した国際送金の実用を本格的に開始か

ウリィ銀行でリップルを使用して国際送金の実用化か

 

今年1月よりリップルを使った取引を試験的に行っており順調に成功している。その結果に基づいて早ければ今年中に本格的に韓国ウリィ銀行で国際送金業務として実用されるとの発表があった。

 

1月からリップルを使用した送金試験を主導して行っていたのはリップルとSBIホールディングスだが、その他37の金融機関も送金試験に参加している。この37の金融機関のほとんどが日本の銀行ということ。また韓国ではウリィ銀行の他に新韓銀行も同試験に参加していた。

ウリィ銀行によると「試験運用の結果は良かった。日本でもリップルを利用した国際送金を商用化する銀行が多いと予想している」「2~3のメガバンクとネットバンクが複数実用導入を推進している」とのこと。

リップル(XRP)は今年1月4日に400円越えをみせるものの、その後他の通貨と同様に低い水準なっている。しかしリップル社自体は大型提携を相次いで発表しており積極に市場を開拓している。
金融関係者は「海外送金手数料などは協議しなければならない。リップルは既存の海外送金よりもはるかに速く、手数料も安く送金できる。今後お客様が本人に最も有利な海外送金方法を選択することになるだろう」

国際送金の実用が開始され標準化されていけば他国との連携も当然増えてくると思うので今後も実用導入に参加する国、リップルの動向に注目していく必要があるのかと思います。

↓仮想通貨ブログランキング↓