利益を上げるならビットコインFX

リップル(XRP)が証券化されると価格はどうなるのか?イーサリアム(ETH)は対象外!?

リップル 証券化

リップル(XRP)が証券化されると価格はどうなるのか?イーサリアム(ETH)は対象外!?

リップルとイーサリアムが仮想通貨ではなく証券なのではないか?というような流れになっており、”証券ではないのか?”と指摘したのは、米商品先物取引委員会(CFTC)元委員長で現在はマサチューセッツ工科大学のブロックチェーン研究者兼上席講師ゲーリー・ゲンスラー氏。2018年4月23日に講演にて発言。

リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)はどうして証券なのか?

XRPはリップル社が発行しており中央集権的であり仮想通貨っていうより証券じゃないのか。ETHも元々はETH財団のICOで集められたもの、よってこれも元を辿れば中央集権組織が発行した証券になるのではないのか。ということ。

イーサリアム(ETH)は証券該当回避の可能性あり

ETHは元々中央集権だったのですが、今や完全にネットワークの分散化されているので非中央集権になっています。なので証券該当回避の可能性はあると言われています。

万が一ETHが証券認定となると今までのICOトークンも全て証券になるということになります。その全てが、仮想通貨取引所ではなく証券取引所で売買されるということになるとさすがに無理があるのではないかと思います。

また全国で統一できるのかということもあります。現状アメリカ発信での話しであり実際に施行されるとしても他国も同じ流れで開始されるとは限りません。

リップル(XRP)は証券に認定されるかもしれない

リップル社のXRPは中央集権的な構造になっています。全発行量1000億XRPの半分以上をリップル社が保有してる現状やバリデータを決めるのもリップル社次第という中央集権的な構造

リップル社は反論していますが中央集権的というのは誰がみても認めざるをえないということもあり証券に認定される確率も高いということです。

リップル(XRP)が証券に認定されたらどうなるのか?

XRPが証券に認定されると証券取引法に基づいて取引されるということになります。

つまり仮想通貨として今までやりたい放題できていた事ができなくなってくる可能性がでてきます。

・XRPが仮想通貨取引所で取引できなくなる
・XRPが証券取引所で取引されるようになる
・上記2点の混乱と不安によりXRPが売られる
・XRPの暴落
・証券化されたXRPに安心感が戻りXRPが買われる
・今までとは別の層の人達がXRPを購入する可能性がある

上記のような状況が想定されます。

XRPが証券化されたとして、XRPの国内送金としての機能はどうなってしまうのか?ということですがこれに関しては証券化されたとしても送金としての機能は問題なく利用できるかと思います。

もしXRPが証券と認定されるとしてもまだ先になるのではないかと思います。

XRPの証券化はリップラーにとって今後XRPの価格に大きな影響をもたらしてくるだろう事案になってくるので今後もチェックしていく必要があるかと思います。