資産を増やすには

エプソン、MOVERIOスマートグラス新製品発売決定

MOVERIO

エプソンは、メガネ型シースルーモバイルビューワー「MOVERIO」の新製品を発売すると発表しました。

HDMIやUSB Type-Cの有線接続に対応した2機種を10月17日より順次発売する予定です。

価格はオープン価格とのことでまだ公開されていません。

今、個人でも企業にも注目されているスマートグラス「MOVERIO」について紹介していきます。

スマートグラスMOVERIOとは

スマートグラス

MOVERIOとは、スクリーンや大画面いらずの眼鏡型スマートグラスで、眼鏡越しにインターネットサービスを利用したり、Youtubeやドラマ・映画を見る事も可能、写真や動画も撮影・録音ができ、3Dや360度の映像を楽しめる。あらゆる機器との連結により視聴ではなく映像を体感することのできる次世代のAR(拡張現実)メガネです。

スマートグラスの特徴

どこでも使える利便性

MOVERIOどこでも使える

自宅やオフィスでもスクリーン映像が楽しめるほか、出張・通勤などの移動時間や、役所や銀行、行列などの待ち時間にも見たい動画やドラマ、映画を楽しむ事が可能です。
MOVERIOがあればどこにいてもその場がシアタールームに早変わりし周りを気にせず自分の時間を楽しむことができ、時間の有効利用ができます。シースルータイプで周囲の状況も見る事ができるので安心です。

高画質映像

MOVERIO

エプソン独自の0.43型超小型高精細カラーのシリコンOLED(有機EL)ディスプレイを採用しており、映像の美しさが新型になるにたびにアップグレードしている。左右独立ディスプレイとなっており3D映像もクリアに再現している。臨場感あふれる映像をいつでもどこでも体験することができる。

 

 

最大320型の大画面

MOVERIO

MOVERIO

2D、3D映像も周囲の背景と比較して映像の拡大ができます。
動画や映画、ドラマを見ていても、自分の視点を遠くにすればするほど映像は大きくなり、5メートル先を見ると80型、10メートル先で160型、20メートル先で320型の大画面で映像を楽しむ事ができます。

360度の映像を楽しめる

MOVERIO

話題の360度の映像を驚くような臨場感で体感することもできます。
ヘッドセット部に内蔵されたジャイロセンサーや加速度センサーで顔の向きをとらえて映像と連動するので顔を動かすと映像内の見たい部分まで見る事が可能。もちろん360度の映像を見ながら現実の世界も確認することができる為、ある程度の生活をこなすことができます。まるでその場にいるようなリアルな感覚を楽しめます。

ドローンの映像もリアルタイムで体感

MOVERIOドローン

MOVERIOを使うとドローンを使った撮影の際にリアルタイムでチェックすることができます。
シースルーなので機体から視線を外すこともなく撮影中の映像を確認しながらの操作が実現しました。

MOVERIOドローン

※MOVERIOを装着してドローンを目視しながら飛行させることは航空法における目視外飛行に該当しません。
※MOVERIOを使ってドローンを飛行させる際、機体の目視を必ず行ってください。

 

MOVERIO『BT-300』

 

業務用モデル『BT-2200』

 

スマートグラスMOVERIOまとめ

スマートグラスがあれば自宅で録画した番組、サイトやアプリで見たい映画やドラマなどをどこでも臨場感ある映像で見る事ができます。なので移動時間やちょっとした待ち時間にでも映像を楽しむことができ、時間の有効活用ができます。

また、今後世界で発展していくであるドローンに関しても飛行映像をリアルタイムで確認できるなど、個人でも企業現場でも有効活用されることが予想されています。

現在のスマートグラスのデザインや容量、軽量化が進めばスマートフォンの代わりになっていき、文字盤で検索しなくてもスマートグラスを通してみたものをそのまま検索したり音声で操作できるようなレベルで進化していくのではないかと言われており今後もスマートグラスの進化に注目です。