資産を増やすには

仮想通貨、ビットコインの仕組みをわかりやすく簡単に解説

仮想通貨 仕組み

仮想通貨、ビットコインの仕組みとは

ビットコインはP2Pネットワークとプルーフオブワークによってブロックチェーンを維持することで運営されている通貨」となります。

P2Pについては下記の記事で解説しています。

P2P ビットコイン 仮想通貨
P2P(ピアツーピア)とは?ビットコイン(仮想通貨)ブロックチェーンとの関係

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンとは

P2Pが理解できたらブロックチェーンです。

近年よく仮想通貨以外の界隈でも「ブロックチェーン」「ブロックチェーン技術」という言葉を耳にするようになりました。

ブロックチェーンとは言葉の通り、「ブロック」が「チェーン」のようにつらなり繋がっているもの。「ブロック」は、ビットコインの取引記録のことを指す。銀行でいう通帳の記帳や取引履歴的なものをイメージしてもらえれば分かりやすいかと思います。つまりビットコインのデータが一定時間に発生した取引をまとめたもので、「ブロック」の情報が、つながり、「チェーン」となって、P2Pを通じビットコインを利用している人に渡っていくというようなイメージです。

国や銀行などの中央集権的な管理媒体を置かず、取引履歴を世界中に公開するネットワークで共同管理することで、ビットコイン(仮想通貨)のセキュリティを保っている仕組みです。

ブロックチェーンの特徴
・全世界のユーザーが監視する分散型システム

・常に更新され記録される取引履歴
・世界中に情報が分散されている為、ハッキングが物理的に不可能

ビットコインの仕組み

ビットコインの仕組み

ブロックチェーンはビットコイン運用が開始された2009年から繋がっています

ビットコインはブロックチェーン技術によりできており、1つのブロックをチェーンのように繋いでいき取引履歴を残していきます。このブロックというのは取引の履歴で、10分に1つ作成されておりマイナーによるマイニング(ビットコインの採掘)により作られています。

なぜマイナーはわざわざマイニングをするのか?というとマイニングを行うと10分に1度マイニング報酬をもらえる事ができ、トランザクション処理を早く行いブロックを生成することにより報酬をもらえるという仕組みになっています。

ビットコインは「通貨」というよりも「金」として考えると分かりやすく、「金」は自然鉱物なので中央政府によって発行されません。採掘が難しく、採掘量に限りがある為、世界中の人の需要が「金」の価値を決定しています。

ビットコインも同じで、採掘量の上限が2100万枚と決められており、予測では2140年に上限の2100万枚が採掘されると予想されています。

下記でも説明していますが、中央政府や中央サーバーがない為サーバーに攻撃を受けない、不正がされない、改ざんされない、取引停止等がないなど非常に安全性、公平性が重視されています

ビットコインの今後やアルトコインについては下記にまとめてあります。

仮想通貨とは何か?
仮想通貨とは何か?仮想通貨投資を始める前に知っておくべき事を解説

ブロックチェーンのセキュリティ

ブロックチェーンのセキュリティ

ブロックチェーンはマイナー達の更新により過去の取引履歴をすべて記録しています

1ブロックには10分間の世界中の取引データが記録されています。

ブロックチェーンで不正をしようと思うとブロック1つ1つを違う情報に書き換えていかなければなりません。ブロックがチェーン状になっている為1つのブロックだけを書き換えただけでは意味がなく1つのブロックを書き換えたらその前その前その前・・・と書き換えていかなければならないのです。

つまり10分以内に世界中のブロックチェーンを半分以上書き換えなければなりません。

また、同時にブロックチェーンデータを保有している全てのコンピュータを破壊しなければ複製しながら再生していくことができます。

よってブロックチェーンを不正に改ざん破壊することはほぼ不可能ということになります。

このような背景からブロックチェーン技術はセキュリティが非常に強く信頼性が高いとされています。

取引所のセキュリティは下記より確認できます。

仮想通貨 二段階認証
仮想通貨取引所の二段階認証やバックアップは必須!国内取引所での設定方法も解説

ブロックチェーン技術は仮想通貨以外でも利用される

ブロックチェーン技術は仮想通貨以外でも利用される

ブロックチェーン技術は仮想通貨だけではなく今後あらゆる分野のビジネスで利用されると予想されます。

また、ブロックチェーン技術の多様化により中央集権的な組織や仕事は減っていく傾向にあるとも言えます。

例えば、医療カルテや年金システム、保険システム、不動産の登記簿、車の車庫証明、金融などブロックチェーン技術を利用すれば改ざん、不正なしに管理することが可能となります。

また、中央集権がない為平等で忖度、不正のない流れができてきます。

もうすでに市役所や一部の会社ではこのブロックチェーン技術を活用したビジネスを展開している組織はあります。今後どんどんブロックチェーン技術が一般化されブロックチェーン技術利用しているということは当たり前、信用の証、として普及していくことは間違いないのかと思います。

仮想通貨取引所を選ぶならランキングを参考に

仮想通貨取引所 ランキング
仮想通貨取引所のおすすめランキング!認可の有無や手数料を比較

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。