資産を増やすには

ビットコイン暴落終了か!?海外ヘッジファンドは底打ちしたとの見解

ビットコイン 暴落終了

現在価格が上昇しているビットコインだが、海外の主要ヘッジファンドはビットコイン価格が底を打ったとの見解を示している

サンフランシスコ拠点のパンテラ・キャピタル・マネジメントは現状の弱気相場では6500ドルが底値だろうと表明。1年間の間にビットコイン価格は過去最高値を更新し2万ドル台までいく可能性もあるとの発表もしている。

日本のSNSでも影響力のあるカズマックスさんが利確をした事で話題となっています。

カズマックスさんも言われていた通り多くのトレーダーが期待していたのはセリクラと言われる暴落終了のシグナルでしたが結果下げきれず反発したという形になったという現状です。

パンテラ・キャピタル・マネジメント同社のモアヘッド最高経営責任者(CEO)兼最高投資責任者(CIO)は4月に、「私がタイミングにこれほど強い確信を持つことはまれだ」とし、「大量の機関投資家の資金が相場を大幅に押し上げる」と述べた。

 

パンテラは4年前からデジタル通貨やブロックチェーン技術に投資してきたが、これまでにアドバイスしたのはたったの4回のみで、そのうち3回は買い、1回は売りを推奨。その上で特に今は、ビットコインの強気見通しにかなりの自信があるという事。

底を打ったという見解が多い中今後のビットコイン価格の動向に注目が集まる。