資産を増やすには

CoinbaseにXRP上場!?リップル社CEOが言及

CoinbaseにXRP上場!?リップル社CEOが言及

リップル社はXRPを活用したシステム提携を世界中の銀行や金融機関と行っており、国際送金のスピードやコストを削減の実現を目指している。こうした金融機関との提携が増える事によりXRPの価値が高まる流れになることになる。

そんな中、Coinbase(米国取引所)がXRPの取り扱いを開始するという噂が挙げられている
Fortuneにより発表されたRipple社CEOである、Brad Garlinghouse氏のコメントによれば、

「(CoinbaseにXRP上場期待により買いが強まった流れにより)XRPの価格が昨年12月には約50セントだったが、1月にはほぼ4ドルになりました。XRPが確実に“有価証券ではない”という判定がまだなされていないとの懸念があり、Coinbaseや他のアメリカの仮想通貨取引所がXRPを扱うことを躊躇しているのはこのためかもしれない。」

「私は、XRPが証券ではないことは明らかだと考えております。XRPのブロックチェーンはリップルとは独立して存在しています。」

「XRPは、株式のような伝統的な証券にはない、技術的な用途に役立ちます。XRPはまた、会社自身の持分を所有者に付与することもありません。私たちは多くのXRPを所有しているがXRPを支配しているとは思わない。」

「サウジアラビアは多くの石油を所有しているが、石油を支配し、管理することはできないのと同じようなものだ。」

最近、米証券取引委員会(SEC)はEthereumとXRPについて有価証券ではないかという見解を発表していましたが、Ethereumに関しては分散構造の為証券ではないと判断された。一方XRPについては未だ報告されていない。

この証券問題の結果次第でXRPの価格は大きく左右され、証券とみなされると価格は下落、証券でないと判断された場合価格は上昇という事に繋がる。また、Coinbaseをはじめとする他の取引所もXRPを取り扱う前にSECによる有価証券なのかどうなのかという判断を待っている状況にあると言える。