資産を増やすには

来週からコインチェック再開!コインチェック会見まとめ

 

来週からコインチェック再開!コインチェック会見まとめ

 

3月8日4時頃にコインチェックによる会見が行われ、来週からNEMの補償、取引所の一部サービス、機能の再開を行っていくとの発表がされました。

 

今回の会見は前回の会見に比べ割と具体的に回答していたのではないのかなという印象でした。このように会見を行った事や来週からNEMの補償や機能を再開させるという流れは金融庁からの指示か、仮想通貨交換業者への登録へのアピールともとらえられます。顧客保護を第一にと全面的に押し出しているところをみると業務改善命令の内容について対策しているというところでのアピールでもあり、相当金融庁に絞られているのか仮想通貨交換業者への登録で苦労しているのではないかと思います。

会見後にコインチェック社HPのプレスからも今後の対応・経営方針等をまとめた大まかなものが発表されています。

 

 

会見内容で気になった点はNEMの補償の部分で、「どうして補償がNEMでなく日本円なのか?」というところですね。記者から同様の質問もあり、「複数の法律事務所と相談した結果、それを行う事でのマーケットへのインパクトを踏まえてNEMで補償となります」との事。しかし、これが顧客保護第一という考え方なのでしょうか?完全に”会社>市場>顧客”となっているように見受けられます。個人的にはNEMで補償というのが一番妥当だと思いますが。

もう一点は「価格の下落の補填」の部分。和田氏から「利用規約上責任は負わない」との回答でしたがこれはどの箇所を言っているのかと言う事です。停止中のアルトコイン下落分なのか?それは機会損失の事なのか?BTCFXでの身動きがとれずロスカットされた部分なのか?全部なのか?
機会損失については、機能停止していない状態でトレードができていたら実際どうなっていたのかというのは結果論なので責任はないと思えるのですが、機能停止中に本来利用できる機能が利用できずに出た損失・損害に関しては責任を問われるのではないのかなと思います。

まぁその辺は機能が再開して安定してから裁判とかになっていくとは思いますね。

とにかくコインチェックが来週から再開ということで市場の動きにも注目です。

 

↓仮想通貨ブログランキング↓