資産を増やすには

ビットコイン加熱真っ最中の韓国、大臣が「取引禁止」発言。しかし・・・

 

皆さま、明けましておめでとうございます!

 

ルイ(@trader_rui)です♪

 

新年早々ご挨拶が遅くなってしまいましたが、私はお正月海外の方へ出かけておりトレードやブログに手をかけられず・・・いわゆる普通の長期休暇というものをとっておりました笑

 

その間でもチャートやニュースは監視していたので全体的な流れはある程度把握しながらという感じでした。6日辺りの200万越えはおいしい相場でしたねぇ~しかし何もできず指をくわえて全力で機会損失状態でした。。。

 

 

まぁ過ぎ去った事はあまり振り返らない主義なのでリアルタイムで起こっていることやこれからの事を考えていきたいと思います。

 

 

韓国の仮想通貨取引停止!?大臣の「取引禁止」発言…

 

今ビットコインの価格が高騰し仮想通貨投機への過熱が一段と上がっている韓国。そんな韓国政府が11日に「仮想通貨の取引所を通じた取引を禁止する法案を検討中。取引所閉鎖を目的としている」と朴相基法相氏からの発表がありました。

韓国は元々ギャンブルに厳しい国で、国内ではもちろん国外でも罰せられる法律が適用されるなど本当に厳しい国。

理由としては、仮想通貨投機がギャンブル的な要素を含むという見解やマネーロンダリング等悪要素を重視したものではないかと思われます。

 

 

 

翌日には政府に抗議の嵐

 

11日に禁止を検討と発表があったのですが、翌12日には政府ホームページに反対・抗議の書き込みや問い合わせが殺到した模様。主に20~30代の若者からの問い合わせが多かったようでその数約11万人程。日本同様仮想通貨に参入している年齢層がいかに若い方が多いかというのが分かります。

その甲斐あってか同日12日中には政府より「まだ協議、検討中であり正式に決まった訳ではない」という旨の発表がなされた。

その発表の影響があってかどうかは分かりませんが12日のビットコインは若干の回復を見せています。

 

 

韓国の取引所は今後どうなっていくのか?

 

今後韓国の規制がどうなっていくのかという事ですが、やはりある程度の規制は入ってくるのではないのかなと思います。いきなり仮想通貨全面禁止というのは韓国社会へ与える影響や政府への支持を考えると難しいのかと。かと言って何も規制なしでこのままという訳にもいかないような。。

ただ、もし取引所の全面禁止が入ったとしてもあくまで取引所を通じた取引の禁止と言っている為、禁止後一旦暴落はするもののその後は中国ショック同様回復してくるのではないかなと思います。中国人と同じように個人間で取引したり海外の取引所を使ったりあらゆる手段でまた韓国勢は仮想通貨に戻ってくるように思います。

 

 

 

結局は上がる!そういうことです笑

 

 

 

 

 

たぶん笑

 

 

 

 

ちなみに日本では12日、麻生財務大臣が「何でもかんでも規制すればいいとは思わない。利用者保護とイノベーションのバランスを注意しながらやっていかなければいけない」と発言し当分は仮想通貨に関して様子見の方向でいくのではないかなぁという感じ。

 

 

 

 

たぶん仮想通貨持ってるんじゃないですかね笑

 

 

 

 

ということで今回は韓国取引所問題についてでした。

 

 

 

最後まで読んで頂いてありがとうございます。

 

↓人気のビットコインブログランキング↓