資産を増やすには

仮想通貨取引所Zaif、ハッキング被害により67億円相当の仮想通貨が流出

ZAIF、仮想通貨67億円相当流出

テックビューロ(大阪市)が運営する仮想通貨取引所「Zaif」は9月20日、ハッキング被害にてBTC、MONA、BCHの総額67億円相当の仮想通貨が流出したと発表した。

そのうち、BTCが5966btc、MONA・BCHの流出枚数に関しては調査中とのこと。9月20日現在、Zaifの入出金は停止しており、金融庁及び捜査当局への届出等を行い、第三者の尽力を得て原因の調査、顧客資産相当の財源確保に努めているという。

入出金用のホットウォレットを管理するサーバに対し9月14日17時頃から19時頃までの間、外部からの不正アクセスが行われホットウォレットで管理している仮想通貨(BTC、MONA、BCH)が不正に送金された模様。なお、ハッキング等の手法などは捜査依頼をしていることもあり公表されていない。
不正送金されたのは14日との事だが、Zaifがハッキングに気づいたのは9月17日にサーバ異常を検知し、翌18日にはハッキング被害が確認されたとのこと。

顧客資産の財源確保の為フィスコ、カイカの2社と支援契約を20日に締結している。

ザイフハッキング

今回のZaifのハッキング被害で、ハッキング検知があった17日にBTC価格は暴落しており、発表があった20日にも暴落しその後大きく反発している。

CCのハッキング事件があった上で今回もまたZaifでハッキング被害。ユーザーは「またか」と落胆しており日本の取引所のセキュリティの弱さが指摘され、仮想通貨に対する不安の声も出てきている。今後仮想通貨を拡大していく中でこういった事件が起こるようでは法整備や承認も難しくなってくるのではないかと言われている。