資産を増やすには

若者が音楽を聴くべき理由

若者は音楽を聴け (1)

音楽を聴くということはとても重要だというお話し。

それは、「音楽は時代をタイムスリップさせてくれる」魔法のアイテムだということ。

僕は割と長年音楽業界に携わってきた身分ですが、その間に何千、何万曲と聴いてきました。

そんな僕の人生の中でも、印象に残っている曲というのは4・5曲だけ

少なっ!!って感じですが、その4・5曲が今の僕に与えている影響というのは相当なものであるという事なのです。

その4・5曲というのは主に中学・高校に聴いていた曲なのですが、その曲を聴くと当時の記憶をはっきりと思い出してその当時に戻ったかのような心境・感覚になることができます。

 

人の脳内をその当時にタイムスリップさせてくれるものっていうのはなかなかありそうでなくて、そういったタイムスリップ感覚は僕にとってかなり貴重な体験です。

 

人は傷ついたり楽しんだりした記憶や当時の気持ちもいずれは忘れてしまう生き物です。今リアルタイムで思い出そうと思って思い出せる記憶はほんの一部で、思い出したとしても具体的に思い出す事はできず、感情や当時の気持ちというのは乗っかってきませんよね。

 

その当時の自分の状況や感情を振り返る事で楽になったり、辛くなったり、感傷に浸ったりして自分を見つめなおす事ができる事を僕は自分にとってプラスととらえています。そしてそんな記憶が消える事ないという、いつでも思い出せるというシステムが曲と記憶をシンクロさせること。

 

 

なぜ”その曲”なのか。というのは特に自分の感情に変化や衝撃があった時に聴いていたからなんだと思います。

例えば学生時代にとてつもなく好きだった人にフラれた時、フッた時、死にたいと病んでいた時など、そんな自分の感情に衝撃が走った時にリアルタイムで聴いていた曲っていうのは一生その当時の場面を思い出させてくれます。

 

そんな曲を何十年後に聴いて当時を思い出し、自分を見つめなおす事で感情から思い出まで全部掘り起こしてしまいますが、何十年後だからこそ気づける事、当時には考えられなかった考え方、捉え方で過去の経験を吸収していくことができるんじゃないかなと思います。

 

 

ということで若者は音楽を聴け!です。