【BTCFX】1万円チャレンジ

仮想通貨取引所ビットポイント、約35億円分の仮想通貨流出を発表

12日、仮想通貨交換業社のビットポイントジャパンが運営する取引所で約35億円分の仮想通貨が不正流出したと親会社のリミックスポイントが発表した。

11日22時頃にリップルの送金に関するエラーを検知し、直後にリップルの不正な流出を確認。12日2時頃には他の仮想通貨の不正流出も確認。これにより12日10時頃に売買・交換を含むすべてのサービスを全停止している。

流出した仮想通貨のうち、顧客預かり分が約25億円、同社保有分が約10億円。ビットコインやリップルなど5銘柄を管理しているホットウォレットからの流出が判明したと発表している。

この影響をうけ、親会社であるリミックスポイントの株価は暴落しており、前日比80円(19%)安の350円とストップ安となった。

SNSではエラーを検知してからの対応が遅いということや、ハッキングによるものなのか何なのか問い合わせても回答がないなどと不安や不満の声が多くみられている。