【BTCFX】1万円チャレンジ

スターバックスやサーティワンなどアメリカ大手企業が仮想通貨決済受け入れ開始

スターバックスやサーティワンなどアメリカ大手企業が仮想通貨決済受け入れ開始

仮想通貨ウォレットアプリ「SPEDN」が限定的に提供開始された事が発表され、この新たな仮想通貨決済アプリをアメリカ大手企業15社が受け入れた事も発表されている。

Flexa社から提供されている仮想通貨ウォレットアプリ「SPEDN」とは、仮想通貨技術を用いた仮想通貨決済を簡潔化した送金アプリとなっている。

今回「SPEDN」の受け入れを発表した大手15社の企業にはスターバックスやサーティワン、Amazonの子会社であるホールフーズ・マーケットなどが入っており、サーティワンやスターバックスの店頭で仮想通貨決済が実現されていくという。

Flexa社は仮想通貨取引所ジェミナイとの提携を発表しておりFlexa社のウォレット「SPEDN」や顧客資産や保証をしていくという。

取り扱い通貨は下記となっている

・ビットコイン
・ビットコインキャッシュ
・イーサリアム
・ライトコイン
・ジーキャッシュ
・ジェミナイ・ドル

となっている。

今回大手米企業が仮想通貨決済に前向きとなり参入してきたことで、投機や投資以外の目的で、仮想通貨決済や送金が可能になるという本来仮想通貨のもつ大きな課題であり目的とされてきた本質に一歩近づいた事となる。