【BTCFX】1万円チャレンジ

JR東日本、電子マネー「Suica(スイカ)」に仮想通貨チャージを検討

JR東日本 電子マネー「Suica(スイカ)」に仮想通貨チャージを検討

先日金融庁より新たに仮想通貨交換業者として登録された仮想通貨交換業者ディーカレットが、JR東日本の電子マネー「Suica(スイカ)」やその他複数の電子マネーで仮想通貨でのチャージができるよう検討していると発表がありました。

金融庁が新たに2社の仮想通貨交換業者の登録を発表

Suica(スイカ)を含む電子マネーに仮想通貨チャージを検討

仮想通貨交換業者ディーカレットが、JR東日本の電子マネー「Suica(スイカ)」やその他複数の電子マネーで仮想通貨でのチャージができるよう検討していると発表があり今後支払いや決済方法としても利用されていくと思われます。

仮想通貨交換業者ディーカレットの取り扱い通貨は、

BTC(ビットコイン)

ETH(イーサリアム)

BCH(ビットコインキャッシュ)

XRP(リップル)

LTC(ライトコイン)

上記のコイン全てが採用されるかどうかは未定ですが、ディーカレットでの取り扱い通貨は以上となります。

Suica(スイカ)の仮想通貨決済は利用されるのか

実際Suica(スイカ)を使った仮想通貨決済は利用されるのかというと、現実はそうでもないのかなと考えられています。

おそらくSuicaにチャージする際は取引所を介してになると思うので手数料がかかり手間も増えSuica決済での割引などがない限りあまりメリットがありません。

まだ具体的なチャージ方法や決済についての発表がない為内容は不明ですが、プチマネーロンダリングにもなりえる可能性もあると言われています。

外国人観光客がターゲットか

世界的に仮想通貨が注目されてきたことや、キャッシュレス社会に日本が遅れているということもあり、今回の動きは仮想通貨決済に向けての第一歩だとも言えます。

Suicaや電子マネーに仮想通貨をチャージでき決済できるようになれば、日常生活での決済は一通り可能となるので東京五輪や大阪万博に向けインバウンド消費、外国人観光客向けに活用される可能性は高いと言えます。

仮想通貨業界にとっては追い風

今回、テレビニュースでこういった仮想通貨に大手企業が参入したり新たな試みを行うというニュース報道はインパクトがあり、仮想通貨の発展には大事な一歩だと言えます。

実際に日本人がSuicaに仮想通貨をチャージして今後利用するというのはあまり想像できませんが、今回のように大企業が実需に向け社会インフラを整えるために次々と仮想通貨に関わってきているという事実が大きいと言えます。

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。