【BTCFX】10万円チャレンジ

今すぐできるWordPressブログのSEO対策で設定する重要ポイント10個を解説

今すぐできるWordPressのSEO対策で設定する 重要ポイント10個を解説

WordPressブログのSEO対策をしてアクセスを伸ばしたいんだけど何をすればいいの?SEO対策すれば稼げるブログになるかな?

そんな悩みを解決します。

今回はブログで設定するSEO対策を10個にまとめて解説します。
この記事で解説するWordPressブログのSEO対策を実践すれば、ブログ記事の検索順位向上、アクセスアップ、売上アップに繋がってくる内容となっているので最後までチェックしてくださいね。

僕自身も、今回解説するSEO対策の設定を実践してから検索順位が上がりアクセスアップに繋がっているので検証済みです!

そもそもSEOとは何か?というのは下記にまとめてあるので確認してみて下さい!
SEOとは?ブログ・アフィリエイト初心者にもわかりやすく解説 SEOとは?ブログ・アフィリエイト初心者にもわかりやすく解説

SEOの設定①:SEO対策最適化されたテーマを選ぶ

WordPressには無料や有料のテーマが数多くありますが、SEOを考慮するなら間違いなく有料テーマです。
有料テーマはサイト内回遊を自然と促すようなコンテンツの配置やウィジェットが計算されて作られています。

有料テーマに施されているSEO対策だけでも検索順位に大きく影響しますし、セッションあたりのPVも伸びやすいためテーマの選定はかなり重要です。

SEOに強いテーマは下記の記事でまとめているので要チェックです!
【無料あり】SEOに強いWordPressブログのおすすめテーマ7選 【無料あり】SEOに強いWordPressブログのおすすめテーマ7選

これからブログを作りたいと思っている人は下記にWordPressブログの作り方をまとめているのでどうぞ!
【初心者必見】WordPressブログの始め方を5ステップで解説

SEOの設定②:サイト構造が分かるようパンくずリストを設定する

検索エンジンや読者にサイト内のページ位置や属性を伝える為にパンくずリストの設置が必要となります。

パンくずリストとは
・ページの上部に表示されるサイト内におけるページ位置をあらわすウィジェットです。
パンくずリスト
パンくずリスト

パンくずリストは検索エンジンにブログ内のページの位置づけを説明する役割を果たしている為パンくずリストの設定は重要です。
先ほど紹介した有料テーマなどには標準で表示されているものもありますが、そうでないテーマならBreadcrumb NavXTというプラグインで設定もできます。

SEOの設定③:カテゴリー分けを適切にする

ブログのコンテンツを適切なカテゴリーに分けることにより読者や検索エンジンに分かりやすく伝える事ができSEOにも関係してきます。

カテゴリー分けを適切にする
カテゴリー分けを適切にする

上の画像のように、カテゴリーは関連するジャンルを階層構造にすることにより分かりやすく整理されたブログだと判断することができます。

SEOの設定④:XMLサイトマップを作成する

ブログ記事を書いて良質な記事ページをGoogleに認識させてインデックスされることがSEO効果を高める要因となっています。
どんなに良質な記事を書いてもクローラーが巡回してこなくてページが認識されずインデックスもされないとなると検索上位はもちろんアクセスも集まりません。

そんな時に、XMLサイトマップを使うことでページの更新日時を取得したり正しくページをインデックスさせてくれます。

SEOの設定➄:内部リンクでサイト内の回遊率を上げる

内部リンクでサイト内の回遊率を上げる
内部リンクでサイト内の回遊率を上げる

内部リンクは、自分の記事ページにブログ内の別のページのリンクを張り巡らせることでSEO効果を得ることができます。
もちろん関係ないページのリンクを張るのではなく記事ページに関連しているページのリンクを張る事がポイントです。

内部リンクにより、直帰率・離脱率を防ぎ滞在時間が延びページセッションも増えるという利点があり結果Googleから評価され上位表示に有利となります。

SEOの設定⑥:ブログの人気記事や関連記事の設置

ブログのサイドバーや記事下に設置する人気記事や関連記事の設置もSEOに大きく影響してきます。
内部リンク同様、読者が別の記事を読みたくなるような記事配置をすることで人気記事や関連記事が読まれサイト内の回遊率の向上に繋がります。

人気記事や関連記事を入れる方法はWP Popular Postというプラグインを導入する事でウィジェットから作成することができます。
SEO最適化されているテーマであれば、標準機能として人気記事や関連記事の表示ができるので面倒な手間や設定がなく設置することができます。

下記記事でSEO最適化されたテーマを紹介しているのでチェックしてみて下さい。

【無料あり】SEOに強いWordPressブログのおすすめテーマ7選 【無料あり】SEOに強いWordPressブログのおすすめテーマ7選

SEOの設定➆:サイトの負荷を減らしページの読み込みを早くする

サイトの負荷を減らしページの読み込みを早くする
サイトの負荷を減らしページの読み込みを早くする

ページの読み込み速度もSEOに大きく影響してきます。
ブログを運営しているとファイルや画像が増えサーバーに負荷がかかりブログやサイト自体が重くなってきます。ブログが重くなってくるとページの読み込みが遅くなり読者の利便性を損ない滞在時間や直帰率に影響しブログやサイトの評価が下がってしまいます。

WordPressの場合はキャッシュ系のプラグインWP Super CacheOptimize Database after Deleting RevisionsEWWW Image Optimizerを使用することでページの読み込み速度を早くすることができます。

Optimize Database after Deleting Revisionsを使ったリビジョンの削除方法は下の記事で解説しているのでチェックしてみて下さい!
【SEO対策】Optimize Database after Deleting Revisionsでリビジョンを削除する方法 【SEO対策】Optimize Database after Deleting Revisionsでリビジョンを削除する方法

SEOの設定⑧:質の低いページにnoindexの設定

SEOではコンテンツの質が重視されるため、質の低いコンテンツの多いブログは評価が下がりキーワード順位が低下しやすくなります。

そこで設定するのがnoindexです。
noindexとは検索エンジンにページを表示させないようにするための設定です。
質の悪いコンテンツにnoindexを設定することで、ブログ全体のコンテンツの質が平均的に上昇し評価の向上に繋がります。noindexは「All in One SEO Pack」というプラグインで簡単に設定することができます。

noindex
noindex

上記の画像のように有料テーマだとnoindexの機能が標準で備わっており、投稿画面でチェックを入れるだけと簡単に設定できます。プラグインを入れたり設定する手間が省けるのでやはり有料テーマはおすすめです。

【無料あり】SEOに強いWordPressブログのおすすめテーマ7選 【無料あり】SEOに強いWordPressブログのおすすめテーマ7選

SEOの設定⑨:コンテンツの特化充実と信憑性

SEOで一番重要と言っても過言ではないのがコンテンツの特化、充実、信憑性です。
検索エンジンはブログやサイトごとに評価しているので、信憑性がありコンテンツの多いサイトやブログが上位表示されやすい傾向があります。

また、コンテンツのテーマも管理しており、やみくもにあらゆるジャンルのテーマ記事を書くよりも、特化ブログのように特定のコンテンツテーマで充実しているサイトやブログを作っていくのが上位表示のポイントとなります。

SEOの設定⑩:SNSボタンの設置

SNSボタンの設置
SNSボタンの設置

SEO対策においてSNSのシェアは有効手段です。
SNSでシェアされることにより多くの人に読まれる記事となり結果アクセスアップとなります。SNSで拡散されることにより被リンクをもらうこともできるためブログの評価も上がります。

サイドバーやフッターにSNSの公式アカウントを設置したり、文頭にSNSアカウントを紹介することでフォロワーが増えたりいいね!を貰えることにもつながり結果SNSの活用が上位表示の後押しをしてくれます。

SEOの設定:まとめ

SEO対策の重要ポイントを解説してきましたが、どれもすぐに実践できるものばかりです。
SEO対策で大切な事は読者目線で読者第一となる記事やコンテンツを作る事です。今回紹介したSEO対策は最終的に「読者の為に」というところに行きつきます。

読者第一で質のいい記事やコンテンツを作るためにも、SEO対策が施されたブログテーマやプラグインを使い記事やコンテンツの作成に専念できるよう効率よく作成していくのがポイントです。