【BTCFX】10万円チャレンジ

2020年ブログは稼げない?

ブログで稼ぐ難易度が日々上がっている中ではたして今後ブログで稼いでいけるのか?ということを解説していきたいと思います。

グーグルのアップデートによりブログやサイトが一撃で死亡したり案件が取りにくくなったりと2019年からの流れは2020年も続いていくと予想されます。

なぜブログは簡単に稼げないのか

ブログで稼いでいたり生活している人は多くいますが、その人達もブログの全盛期と比べると収入は大幅に下がっている人がほとんどです。

ブログで簡単に稼げる時代はとっくに終わっていて、簡単な記事やただやみくもに記事を書けば収入になるという時代は終わっています。

ブログ以外のコンテンツが増えた

近年では、youtubeが始まったり、Twitterやインスタグラム、動画配信などあらゆるコンテンツが増えその分広告自体が分散されることや、見る人も分散されている事が原因だったりします。

ブログで簡単に稼げた時代というのは単にブログというコンテンツに人が集結していたからということで、それ以外に大きな目玉コンテンツがなかったからということでもあります。

ブログで稼ぐには

もうブログはオワコンだという流れは確かにあり、趣味ブログやこのブログのように思った事を書くだけでのブログで稼ぐというのは難しいです。

ブログで稼ぐには、専門的な知識でその分野に特化したものでないと大きく稼ぐ事は難しいです。プログラミングや金融関係など広告単価も充実している分野で尚且つ専門知識や経験が必要となってきます。

ブログ以外で稼ぐ

ブログで稼ぐという流れが変化している中で、今ブロガーが移行しているのがnoteであったりyoutubeです。

ブログは基本広告料やアフィリエイトが収入ポイントとなるのですが、noteはコンテンツ料金がメインとなります。1記事の有料noteで数千円、数万円で販売している人もいて月収数百万という成果を出している亡者もいます。

youtubeへは以前から移行している人は多く、ブログ記事として書く内容をyoutube動画で話すというスタイルで移行している人が多いです。

なぜyoutubeが稼げるかというと、単純に今ユーザーがyoutubeというコンテンツに集中しているからという理由。ブログというコンテンツからnoteやyoutubeにユーザーが流れ、それにブロガーもついていくというこの流れに乗れることが稼げるというポイントの一つとなっていくのだと思います。

ブログは稼ぎにくくなってきたということもありますが、手を変え品を変え、同じ内容のものをいろんなプラットフォームやサービスで見せ方を変える事で稼ぐことはこれからも全然可能なのではないかと思います。