【BTCFX】10万円チャレンジ

ブログの効果的なリライト方法とコツを解説!【SEO効果あり】

ブログの効果的な リライト方法とコツを解説!【SEO効果あり】



ブログのリライトって必要なの?毎日ブログを書くだけでも大変なのにリライトしないといけないの?


そんな悩みを解決します。


この記事を最後まで読み、正しくリライトを実践すれば検索上位に表示され、今以上に多くの人に記事が読まれることになりアクセスアップや売り上げアップに繋がりますよ。

リライトの方法は具体的に2つあるので、紹介した方法を実践してもらえれば検索順位を上げていくことが可能です。

まだブログを作成していないという方は、WordPressブログの始め方を5ステップで解説でブログの開設方法をまとめているのでどうぞ。

ブログのリライトとは何か?

ブログのリライトとは何か?
ブログのリライトとは何か?



ブログを書いているとよくリライトという言葉を目にしますがリライトとは一体何でしょう。

リライトとは
ブログの記事内容を書き換えてよりいい記事に書き換える事


リライトすることでさらに記事をパワーアップさせ、SEO対策となり検索上位に表示させる効果をもたらすものです。


SEOについては、SEOとは?ブログ・アフィリエイト初心者にもわかりやすく解説でまとめています。

リライトで改善する2つのポイント

リライトで改善する2つのポイント
リライトで改善する2つのポイント



リライトで改善するポイントは2点です。

  • 読者の滞在時間
  • 記事の平均CTR(クリック率)


平均CTRはサーチコンソールのCTRで確認できます。

平均CTR
平均CTR


ページの平均滞在時間は、下記画像の通りGoogleアナリティスクの「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」→「平均ページ滞在時間」で確認できます。

ページ平均滞在時間
ページ平均滞在時間
ページ平均滞在時間
ページ平均滞在時間


まずは自分の今のブログの各ページがどれくらいの滞在時間なのか、どれくらいの平均CTRなのかを把握しておきましょう。

平均CTR(クリック率)を上げる理由は2つ



平均CTRを改善しクリック率を上げる理由は大きく2つあります。

  1. PVが増える
  2. 検索順位が上がる



ページのクリック率が増えるということは多くの人がページをクリックしてくれるということなので、同時にPV(ページビュー)も自然と増えていきます。



また、ページのクリックが増えPVも増えた事により「このページはよく読まれている」と判断され検索順位自体も上がっていきます。

最終的に検索順位が上がる事によってさらに多くの人が訪問しブログの売上アップに繋がっていきます。

滞在時間を上げる理由



読者の滞在時間を上げる理由もページの検索上位に大きく影響します。



1つのページに1分滞在するのと15分滞在するのではどちらが優良ページだと思いますか?

もちろん15分滞在している方です。



クローラーは「このページは読者が長く滞在しており優良なページ、信憑性のある記事」だと判断し検索順位も上がっていきます。

GoogleやYahoo!のアルゴリズムを開発しているわけではないのでクローラーが滞在時間を見ているとは言い切れませんが、少なくても滞在時間の長いページの方が評価され検索上位に表示される傾向はあります。

ブログのリライト方法①:クリック率の改善

ブログのリライト方法①:クリック率の改善
ブログのリライト方法①:クリック率の改善



ここまでリライトすべきポイントを解説してきたので、ここから具体的なリライトの方法を解説していきます。

2017年に『Internet Marketing Ninjas』からGoogel検索順位の平均クリック率が発表されているのでこのデータを参考にみていきます。

1位 21.12%
2位 10.65%
3位 7.57%
4位 4.66%
5位 3.42%
6位 2.56%
7位 2.69%
8位 1.74%
9位 1.74%
10位 1.64%

1位が21%となっています。
つまり自分の書いた1位の記事をリライトしようと思った場合、その記事がサーチコンソールを見てクリック率が21%以下であればリライトした方がいいという事になります。

ページのタイトルを改善する

クリック率を見比べてリライトする記事かどうかわかったところでタイトルを改善していきます。
リライトする記事は1位~20位くらいの記事を対象にするといいです。

タイトルを改善する方法は、上位表示を狙っているワードで検索しすでに上位表示されているページを参考にするといいです。

例えば「ブログ リライト」で検索し上位表示されているページを確認します。

ページのタイトルを改善する
ページのタイトルを改善する


上記の赤枠が上位表示のページなのでタイトルを参考にして改善していきます。

ページのメタディスクリプションの改善

メタディスクリプションとは、検索時に表示されるタイトル下の説明文にあたる箇所です。
メタディスクリプションの説明文をしっかりと設定するかどうかでクリック率が2%ほど変わってくるのでこれも上位表示されているメタディスクリプションを参考に改善していきます。

ブログのリライト方法②:滞在時間の改善

ブログのリライト方法②:滞在時間の改善
ブログのリライト方法②:滞在時間の改善



次は、読者の滞在時間を長くするようリライトする方法を解説していきます。


上記でも説明したように読者の滞在時間が短いということは「記事が全部読まれていない」「記事が魅力的ではなかった」という事になります。


※各ページの滞在時間は上記で解説したGoogleアナリティスクで確認することができます。


滞在時間を長くする改善ポイントは

  1. 記事の文頭が魅力的ではない
  2. タイトルと内容が合っていない


上記の2点をリライトにて改善していきます。

ページの文頭を改善する



リライトする記事の選定は、Googleアナリティスクで検索した滞在時間が30秒以内のページをリライトしていきます。

滞在時間が30秒以内のページは文頭が魅力的ではなかった為に離脱していることが多いです。

ページのh1~h2の間の文頭に

  • 読者の悩み
  • 解決方法
  • 根拠と理由
  • 記事の要約
  • 記事を読んで得られる事


上記の項目を完結にまとめて文頭に記載することがポイントです。
文頭のリライトも上位表示されている記事を参考に改善していきます。

ページの本文を改善する

本文は「結論」→「理由」→「根拠」→「具体例」の順番で書いていくのがおすすめで、読者も結論から分かった方がストレスなく読む事ができます。

本文の構成も検索上位に表示されている記事を参考に改善していくことがおすすめです。

ブログをリライトする時の注意点

ブログをリライトする時の注意点
ブログをリライトする時の注意点



記事をリライトする際の4つの注意点があります。

4つの注意点
1.リライト後は1週間ごとに確認
2.リライト後1か月は様子見する
3.リライト後一旦順位は下がる
4.更新日をメモする



リライト後は1週間数字のチェックをしましょう。
実際にリライトの効果がどう反映されているかどうかのチェックです。


チェックする項目は、

  • リライトしたタイトルのCTRと検索順位
  • リライトした滞在時間と検索順位


リライト後はクローラーが評価するまで時間がかかるので一旦数値が下がる傾向にあります。なので1週間は数字のチェックのみでOKです。


トータル1カ月間は数字のチェックで様子見をしましょう。リトライ後すぐに改善されることはあまりないです。


更新日をメモしておきどの記事がいつリライトされたか把握しておきましょう。数か月様子見をして改善されないようであれば再度リライトの必要があります。

まとめ:ブログの正しいリライトは効果がある

まとめ:ブログの正しいリライトは効果がある
まとめ:ブログの正しいリライトは効果がある



ここまでリライトの方法について解説してきました。
リライトをしっかりと実践すれば検索上位表示、集客、売上にも繋がります。

もう一度リライトのチェック項目を確認しておくと

  • ページの滞在時間
  • 平均CTR(クリック率)


上記の2点です。


新しく記事を更新することも大事ですが、リライトで記事のアップデートをすることも同じくらい重要な事です。
せっかく書いた記事が古くなり埋もれてしまわないよう随時チェックしてリライトしていきましょう。


リライトでの効果は思っている以上に絶大です。