【BTCFX】1万円チャレンジ

最新版!グーグルサーチコンソールのドメインプロパティの登録方法

ブログやサイト運営をしている人なら必ず使用しているGoogle Search Consoleですが、過去の仕様からバージョンアップし現在はドメインプロパティの登録が可能となり簡単に登録することができました。

以前のSearch Consoleは、プロトコル(httpやhttps)、サブドメイン、パス単位でプロパティとして登録しなければならなかったのですが現在はドメイン自体でプロパティを登録できるのでサブドメインを利用していたり、httpsに移行しても、サイトのデータをSearch Consoleでまとめて見ることが可能となっています。

Search Consoleとは

Google Search Consoleにプロパティの登録をしておくと、自分の運営しているサイトごとに検索パフォーマンスやクリエの詳細が確認でき、どのページがどれくらい表示され検索されているかなどの分析ができます。

記事を書いた後すぐにインデックス登録のリクエストもできる為グーグルで自分の記事を検索できるよう手動で設定することもできます。

Search Consoleの登録時の種類

下記画像のようにドメインプロパティで登録する場合は左側の「ドメイン」で行えますが、以前のバージョンのようにひとつずつ登録するというのであれば右側のURLプレフィックスで登録を行います。

ドメインとURLプレフィックスどちらがいいのか

どちらが良いのかということですが、正直どちらも結果的に同じ事を行うのでどちらでも良いのですが、できればドメインプロパティの登録の方が一回の作業で登録できるのでオススメです。

また、ウェブマスター公式ブログにもドメインプロパティが登録可能な場合はドメインプロパティを利用するよう推奨されています。

Search Consoleでドメインプロパティを登録する方法

Google Search Consoleに登録してあり使用しているサイトドメインさえあれば数分でプロパティ登録できます。

プロパティの追加

Google Search Consoleにログインし左上のプロパティ選択欄を選択します。

選択すると、「プロパティを追加」というところを選択します。

プロパティにドメインを登録

プロパティタイプの選択画面が出てくるので、左側の「ドメイン」を選択しドメインまたはサブドメインを入力して「続行」を選択します。

「ドメイン」を選択した場合、以下の様なURLが全て対象になります。

 http://example.com

https://example.com
http://subudomain.example.com
https://subudomain.example.com
http://example.com/path
https://example.com/path

subdomain.example.comを入力した場合には以下の様なURLが含まれます。

http://subdomain.example.com
https://subdomain.example.com
http://blog.subudomain.example.com
https://blog.subudomain.example.com
http://subdomain.example.com/path
https://subdomain.example.com/path

DNSレコードでのドメイン所有権の確認

ドメインプロパティの所有権確認はDNSレコードを使用します。

発行されたTXTレコードをDNS設定にコピーし設定すると完了です。

DNS設定が完了した後に「確認」ボタンを選択するとドメインプロパティの確認ができ完了となります。

ドメインプロパティの確認

DNS設定が完了し無事ドメインプロパティの登録が完了すると「所有権を証明しました」という表示になり以上で設定は完了です。

Search Consoleに登録しておくと運営しているサイトやブログの検索パフォーマンやクリエなど、ユーザーがどのような検索で流入しているのか、どのページが表示されているのかが把握できる為必ず登録しておきましょう。