【BTCFX】10万円チャレンジ

仮想通貨とは何か?初心者にも分かるよう簡単に解説

仮想通貨とは何か? 初心者にも分かるよう 簡単に解説

仮想通貨が日本に入ってきて数年、2017年辺りから仮想通貨のテレビCMが始まったりネット広告をよく見かけるようになりました。
一部の投資家、投機家だけではなく一般の方にも多く認知され始めた仮想通貨ですが、はたして”仮想通貨とは何か”というのをイマイチ理解していない人が多いのではないかということです。

この記事では、これから仮想通貨投資を始めようと思っている方、仮想通貨投資を行っているがイマイチ仮想通貨について理解していない方、そんな方に読んでもらいたい「仮想通貨とは何なのか」の解説です。

仮想通貨とは何か?

仮想通貨とは、インターネットや一部の実店舗を通じて不特定多数の間で物品やサービスの対価に使用できるもので、中央銀行などの公的な発行主体や管理者が存在せず専門の取引所を介して円やドル・ユーロ・人民元などの通貨と交換することができます。

2020年現在、仮想通貨の種類は1500種類以上も存在しています。

もちろん1500種類の仮想通貨の中には何の実態のよく分からない仮想通貨も存在しており、その1500種類の仮想通貨の中の代表格とも言えるのが「ビットコイン」です。

ビットコインとは何か?

仮想通貨の代表とも言えるビットコインとは何なのか。

ビットコインについての紹介動画があるのでご覧ください。

ビットコインまとめ
・仮想通貨の中での代表通貨がビットコイン
・インターネット上や実店舗の支払いで利用できる
・送金手数料が安い
・ビットコイン自体の売買も可能
・ビットコインはマイニング(採掘)されており数には限りがある
・インターネット上での金(ゴールド)のようなもの

アルトコインとは何か?

仮想通貨の代表通貨がビットコインです。その仮想通貨の中でもビットコイン以外の通貨を基本的にはアルトコインと言います。

知名度のあるアルトコイン・イーサリアム
・リップル
・ネム
・リスク
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン

上記のアルトコインは日本国内の取引所でも取り扱いがあり一度は聞いた事がある名前もあるかと思います。

海外の取引所を見ると上記のコイン以外に1000種類以上のアルトコインが存在しています。

アルトコインまとめ
・ビットコイン以外の仮想通貨がアルトコイン
・支払いとして機能もしているがビットコイン程普及はしていない
・アルトコイン自体の売買も可能

アルトコインは1コインあたりの価格が安い為、少額投資として個人投資家の多くが注目し投資を行っています。

仮想通貨の種類はどれくらいあるのか?

1500種類以上ある仮想通貨ですが、具体的にどんな種類の通貨があるのか?

下記は仮想通貨の時価総額ランキングの1位~10位です。
※時価総額=通貨の値段×出回っている通貨の数

上記は10種類の仮想通貨を紹介していますが残り数千の仮想通貨を確認したいという方はcoinmarketcapで確認することができます。

仮想通貨を始めるにあたって何を購入して良いのかというのは時価総額ランキングを参考にするといいです。
私も仮想通貨投資を始めた際は時価総額ランキング上位だったリップル(XRP)の購入からスタートしました。

リップルは世界中の銀行と提携を増やしており送金に特化したコインとして将来性があるという点や、1リップルの価格が安いという点を考慮して購入しました。もちろんまだ伸びるだろうと思い保有し続けています。

リップルの購入方法は下記にまとめているのでチェックしてみてください!

ビットバンクの登録方法や使い方を解説 bitbank(ビットバンク)の登録方法と使い方を解説

また、ネム(XEM)という仮想通貨も日本国内で多く取り扱われており価格も安い為オススメです。

開発者の1人に日本人が参加していることや、その性能の高さから中国のWeChat上で取引ができたりと期待度は全通貨の中でもトップクラスです。

ネム(XEM)は【GMOコイン】 で購入することができます。下記にGMOコインの登録方法と使い方を解説しているので読んでみて下さい。

gmocoin GMOコインの登録方法!初心者でも分かりやすく登録手順を画像付きで解説

仮想通貨の今後は

やはり気になるのは仮想通貨の今後の動向です。
今後も仮想通貨の価格は伸びていくのか、全世界で普及されていくのかどうか、各データをもとに解説していきます。

仮想通貨の認知度

ビットコインの認知度
仮想通貨の認知度

上のグラフは仮想通貨(ビットコイン)の認知度調査です。

仮想通貨の購入調査
仮想通貨の購入調査

上のグラフは仮想通貨の購入調査です。

調査の結果では、仮想通貨の存在を認知はしているものの保有するにまでは至っていないという人が大半を占めています。

徐々に仮想通貨という存在が知られている段階ではあるものの具体的にどのようなものなのかは理解されておらず、購入至っていない現状です。だからこそ今後仮想通貨の認知度が上がっていけば需要が増えてくると予想されます。

仮想通貨の今後

仮想通貨の今後
仮想通貨の今後

現在認知されてきている方々が、今後購入者となっていくことで確実に仮想通貨の需要や価格は上昇していくと予想されます。1ビットコインが数千万円という予想があるように、アルトコインも参入者が増えれば増える程価値が上がっていくことは明確です。
現に過去仮想通貨が日本に入ってきてから全通貨右肩上がりで上昇しています。

この記事を読んでいる方で仮想通貨を購入しようか迷っている方には是非購入をオススメします。
仮想通貨はまだまだ始まった市場で、今後数十年に渡り世界規模で仮想通貨を利用したサービスやインフラ整備がされることは目に見えて予想されています。

仮想通貨投資の参入は早い方が有利

仮想通貨を含め投資、投機売買で重要なのは何より早めに参入することが一番の有利点となるので是非このタイミングで購入しておくことをおすすめしておきます。

ビットコインが数十万、数百万と価格が上昇しており、結果”ビットコインは高い”と言われていますがまだまだ安いと個人的には思っています。
アルトコインもまだ数十円、数百円の物が多く今後の仮想通貨の普及を考えると数十円のコインが数千円、数百円だったコインが数万円、数千円のコインが数十万円と上昇していく余地は十分にあるので今からの参入でも十分間に合うタイミングです。

アルトコインに関しての情報はアルトコイン一覧にまとめているので確認してみてくださいね。

貯蓄大国が日本の文化であるがゆえに、銀行に預金をして日本円を眠らせている方は多いです。
もちろん貯蓄も良い事ですが、将来の為にもより大きく資産を倍増させたいという方は仮想通貨で賢く資産運用してみるのもおすすめです。

仮想通貨という最大の投資チャンスがある今の時代に乗り遅れないよう私は是非早めの仮想通貨投資の参入をオススメします。