【BTCFX】10万円チャレンジ

信頼されるにはどうすればいいの?人から信頼される3つの要素を紹介

信頼されるにはどうすればいいの?人から信頼される3つの要素を紹介

会社の仲間やプライベートで遊ぶ友達、幼馴染など普段からいろんな知人や友達と関わる事があると思います。
多くの人と関わっていると、「自分は信頼されているだろうか?」「信頼できる人はいるだろうか?」とふと考えることがあります。

これを読んでいるあなたは、信頼されているでしょうか?

今回はそんな「信頼される人とはどういう人か」そして「信頼されるために必要な要素を3つ」紹介していきます。

信頼される人とは

信頼される人とは
信頼される人とは

そもそも信頼される人とはどんな人なのか?

信頼とは
信じてたよること。たよりにできるとして信ずること。

会社でいうと仕事ができて周りに気を配れてみんなのフォローもできる人。友達関係でいうとなんでも相談できたり自分の事を包み隠さず話せる人。など、信頼される人とは、誰かから信じられており尚且つ頼れる人であるということです。

信頼を失うのは一瞬、取り戻すのは一生

信頼を失うのは一瞬、取り戻すのは一生
信頼を失うのは一瞬、取り戻すのは一生

よくある言葉で「信頼を失うのは一瞬、取り戻すのは一生」とあります。
これは本当にこの言葉の通りで、些細な嘘や裏切りなど一瞬で信頼は失われてしまいます。その一方、一度失った信頼を取り戻すには長い年月がかかりますしむしろ信頼は取り戻せない可能性もあります。
なので信頼を失わないよう気を付けなければなりません。

信頼される人になるには3つの要素が必要

信頼される人になるには3つの要素が必要
信頼される人になるには3つの要素が必要

信頼される為にはどんな人になればいいのか?どう変わればいいのか?
今回は信頼されるために必要な3つの要素を紹介します。

自分をさらけ出す

相手に信頼してもらうためにはまず自分の事をさらけ出すことが大切です。相手に対して自分は心を開いていると示すためにも自分の事や自分の話を相手より先にすることが大事です。
「こんな経験をしたことがある」「こんな大変な目にあった」など自分のエピソードをいくつか話すことで相手も心を開いて話をしてくれます。信頼の第一歩はまず相手が心を開いてくれるところからです。

相手を信じる

仕事仲間でも友達でもまず相手を信じることも重要です。
仕事仲間に仕事をお願いしたのなら後はその人を信じきって任せる。友達が何か話してくれたのならその言葉を信じる。など相手を信じて言動や行動を受け入れることが大事です。相手は「自分の事を信じてもらっている」と感じ自ずと信頼関係を築くことができます。

口は禍の元

信頼される人はとにかく「口が堅い」もしくは「人の悪口や悪評を流さない」人が多いです。信頼できる人は、誰かにとって、何かにとってマイナスになるようなことを発言すると必ず自分に返ってくるということを理解しています。
人の悪口を言ってみたり愚痴を言ってみたりすると確かにその場では盛り上がるかもしれません。しかし、冷静に考えるとそういう発言をする人は誰に対しても何に対してもマイナスな事を発言してしまう人で、いつかは自分に対しても言われてしまうのではないかという可能性もあります。
信頼される人になるなら「口は禍の元」ということを理解して立ち振る舞わなければなりません。

信頼される事は嬉しい

信頼される事は嬉しい
信頼される事は嬉しい

信頼される事で人からいろんな話や相談をしてもらえるようになります。相手の話が長かったり相談が多くなったりするとしんどいと思う事もあるかもしれませんがそれはあなたの事を信頼しているからこそ話してくれているんです。

人から信頼され頼られることに疲れる事もあるかもしれませんが、誰もいなくなって誰からも信頼されなくなった時に信頼してくれていた人のありがたみや大切さが分かります。

なので人から信頼されお願いされたり相談されたりすることは、相手があなたの事を認め心を開いているという嬉しい事なのです。
信頼し合える仲間を一人でも多く見つけることで人生が楽しく豊かになるので今回紹介した事をまずは実践してみてください。