資産を増やすには

お金の為に働くのではなく、お金に働いてもらうという意識

お金を支払う時はいつも”意味”を考える。どうもかいほう(@trader_rui)です。

仕事をする上でお金の為に働いているという人は少なくないと思います。

「今月は支払いが重なっている・・・」

「欲しい物があるから稼がないと・・・」

「ローンの返済がある・・・」

と、お金が必要だから結果、お金の為に働いてしまっているという事になっている人は多いはずです。




お金に働いてもらうとはどういうことか?

ではお金に働いてもらうとはどういうことなのか?
僕の場合は、現在投資や投機を行いお金で株や為替、仮想通貨を売買しお金に働いてもらっています。もちろん全て全自動的に不労所得という形ではないですが、実際お金でお金を生むという作業をしておりお金に働いてもらっています。

また、仕事をする際にかかる費用について、「この費用はどれくらい稼いでくれるか?」ということを常に考えています。

例えば、ブログでいうとドメインが1000円かかり、サーバー代が月1000円かかるとします。その際、このドメインとサーバーは1年後いくら稼いでくれているか?5年後いくら稼いでくれているか?

となると、費用としてかかったドメイン代やサーバー代がどれくらいの期間でペイできるのか、利益としてプラスになっていくのはいつくらいなのか、というような計算をして費用を使えます。

これもある意味間接的に、お金に働いてもらうという考え方になります。

なぜお金に働いてもらうのか?

お金に働いてもらうことでのメリットが2つあると考えています。

1つ目は、お金に働いてもらうことで自分の時間が作れるということです。当然自分が働く訳ではなく、お金が労働時間を担う訳ですから自分に時間ができることは当然です。これは僕自身が行っている投資という分野では既に実感していることで、スキャやデイトレという手法ではなく、スイングや長期投資であればその間お金が自分の代わりに働いてくれるので自由な時間が確保できます。

2つ目は、お金の為に働くよりもお金に働いてもらった方が稼ぎやすいということです。もちろんどのような方法でお金に働いてもらうかという観点にはなりますが、少なくともお金に働いてもらう代表格である投資(不動産、株・為替・仮想通貨)ではやり方次第で大きく稼ぐ事ができます。

僕自身、いくつかの一般企業で働いてきて、ローンの支払いや交際費などあらゆる支出に追われお金の為に働いているという時期がありました。
なぜ追われていたのかというと、自分自身の欲望やエゴからくる負債の為に仕事をしていたからです。

外車を買ってローンを組んでマンションも相場より高いところに住んで、釣りに出かけたりツーリングに出かけたりと、「自分にとってお金が増える事」にお金を使っていなかったのです。

そんな時に、このままでは貯金すらできない、趣味や遊びの為にしかお金を使っていないし、その支払いの為に毎日仕事に出かけ働いているようなもの。だということに気づきました。

初めにも書きましたが、そんな金銭的負の連鎖に気づいた時始めたのが投資です。今では自分の欲望の為にはお金は使わず、稼いだ分は投資に回しさらに資産を増やすようお金がお金を生むよう、お金に働いてもらっています。
そのおかげで自分の時間を作る事ができたし、資産も増やす事ができています。

自分の人生を考えた時に、今後どう生きていくのか?どうお金を稼いでいくのか?一生同じ職場で働いていくのか?など一度具体的に今後のビジョンを考え、自分に合った稼ぎ方、ワークスタイル、お金の使い方、を見直してみることはとても大事な事だと思います。

仮想通貨投資を始めるならリップル

資産を最大限に増やすならコレ