【BTCFX】10万円チャレンジ

【YouTubeのSEO】YouTubeで稼げない、収益化できなくなる人が大量に増える

現在、youtubeの収益化で稼げている人は多く、だれでも簡単に参入することができるということで幅広い年齢層の人がyoutuberとして活躍しています。

それでもまだまだyoutube動画のコンテンツボリュームは少ないと感じているので、今後も数年間はyoutube動画で稼げる時代が続くと思っています。

ただし、ある一定時期からyoutuberの大多数が排除される時がくると予想しています。

かいG

youtubeで稼げなくなる時代がくるの?
稼げないことはないけど一定の条件をクリアしていない人は稼げにくくなるのかもしれないね

かいほう

youtubeは動画ボリュームを増やしている

2017年あたりからyoutubeで稼げるというような話が世の中に知れ渡り、一般の人が自分で動画を投稿するようになりましたが、まだまだyoutube全体でみるとアップロードされている動画は少ないと感じています。

各地域の場所の紹介動画や各専門知識の動画でも、アップロードされている専門動画は数本、もしくはそのジャンルの動画がなかったりします。

そう考えると今、youtubeは巨大動画メディアとして動画のボリュームを上げている最中だと考えられます。
なので、広告費をかけyoutubeに動画をアップロードすればyoutuberに還元されているようにわりと内容に限らず沢山数をアップロードすればそこそこ稼げるというような仕組みになっています。

youtube動画の本数を上げればある程度稼げる

とある有名youtuberやブログからyoutubeに移行している某有名ブロガーなどが言っているのは、動画は毎日上げればある程度稼ぐ事ができるということ。逆に言えば毎日上げなければ稼げない。

内容の良し悪しももちろんあるとは思いますが、毎日上げ続ければおすすめに自分の動画がでてきたり関連動画に出てきたりとそれなりに再生回数を稼ぐ事は可能なのではないかと思います。

高評価と低評価の数がSEO対象

文頭でも伝えたように、現在はyoutubeが動画コンテンツの充実を図ろうとあらゆるジャンルの、いろんな角度からの動画のアップロードを求めている時期だと思います。ただし、youtubeの動画ボリュームが充実してきた時に、当然ですがyoutuberのふるいかけが始まると考えられます。

そこで判断されるのが、高評価と低評価のボタンになるのではないかと予想しています。あくまで現状の仕様での未来を考えた場合ですが、高評価と低評価ははっきりと数字で表れ、誰が押したのかがわからない、つまり低評価を押した人をブロックすることもできない。という事であれば、動画の高評価と低評価がyoutube内でおすすめに出てくる回数や、関連動画に出てくるかどうかなどのSEO的な対象となるのではいかと思います。

嫌われ者はyoutubeで稼げない

もし、youtubeが高評価と低評価でyoutuberのSEOを判断するようになれば、不快な炎上動画やギリギリ法を守っているような動画、嫌われているyoutuberなどは視聴者により露出が減らされる事になるのではないかと考えられます。

youtubeが巨大メディアになっていくにつれ、テレビと同じような感覚になると思っていて、個別案件の動画なども苦情を入れられ案件差し止めなどもありえるのではないかと思います。

そもそもyoutube内での露出が減ると案件や広告収入も減ってくるので、結果評価が基準になれば稼げなくなってしまうと思います。

なので、長いスパンでyoutubeで稼ぐのであれば、クリーンな配信、アンチを作らないということが大事なのではないかと思います。現在アンチの多い人や炎上系の動画を上げている人、低評価が多い人などは今のうちから方向性を修正しておくことが良いのではないかと思います。